吉田一郎 不可触世界のベースがすごい・出身校や経歴に動画・脱退の理由は?

吉田一郎不可触世界

明石の白猫さん。です。

上手い日本人ベーシストの1人として名の挙がる、元ZAZEN BOYSの【吉田一郎不可触世界】さんについて

  • 出身校や経歴プロフィールは?どんな人?
  • ZAZEN BOYSに入った経緯は?
  • ZAZEN BOYSを脱退した理由は?
  • 吉田一郎さんの現在
  • ベースを始めたきっかけは?何歳から始めたの?
  • 吉田一郎さん動画(YouTube)

といろいろ気になって調べました。

スポンサーリンク

出身校や経歴プロフィールは?吉田一郎さんってどんな人

吉田一郎不可触世界
  • 12才よりベースを始める、2002年に専門学校の同級生と「12939db」を結成(2006年解散)
  • 「ninedayswonder」のサポートを経て、2007年「ZAZENBOYS」にベーシストとして加入。
  • 2015年「吉田一郎不可触世界」の活動を開始。
  • 2017年「ZAZENBOYS」を脱退
  • 現在はソロで、多数アーティストのレコーディングやライブのサポートベーシスト及びソロライブetcで活躍

特技に「天ぷらを揚げる事」とありますが、一時期、板前を目指していたことがあり料理も得意で、特に魚について詳しい吉田一郎さんです。

言葉の端々に垣間見える吉田一郎さんのセンスが・・・好き過ぎて吉田一郎さんから目が離せない私です。

あとたぶん釣りもお好きなんだろうと思われます。

笑っちゃいました。

一郎さんは絵を描くのもお好きなようで「あぱんだ」のCDジャケットは自画像だとか。


ちなみに「あぱんだ」とは「全集」という意味です。

20年前からずっと個人的に作りためてきた曲の作品集であるということでしょうか。

スポンサーリンク

ベーシスト吉田一郎さんがZAZEN BOYSに入った経緯は?

「12939db」が解散し、バンドを組みたかった吉田一郎さんは都内のライブハウスやスタジオで、まずは弾き語りやってるシンガーに片っ端から声をかけていました。

100人くらいとセッションしたがピンと来ず、1からバンドメンバーを探すのをあきらめかけていたんです。

そんなタイミングで、友人から「ZAZEN BOYSのひなっちが抜けたらしいよ。おまえ入ればいいじゃん」と冗談半分?で言われました。

吉田一郎
出典:https://psychede.thebase.in/

「ZAZEN BOYS」は聴いたことなかったが「向井秀徳アコースティック & エレクトリック」のツアーを観たり「NUMBER GIRL」は知っていた吉田一郎さん。

「そんなすごい人のバンドに入れてもらえないかと思って」向井秀徳さんに手紙と音源を送りました。

向井さんの面接と数回のセッションを経て、2007年ZAZEN BOYSに加入した吉田一郎さんだったのです。

ZAZENBOYS

なお、ZAZEN BOYSに加入する時に向井さんから「ZAZENに居心地の良い場所はないから」と言われたそうです。

「4人で一緒にいるのは良い音を鳴らす為であって、仲良くするためではない」との理由でした。

ZAZEN BOYSを脱退した理由は?

2017年、吉田一郎さんがZAZEN BOYS脱退とのニュースにファンは動揺しました。

一郎のいないZAZENなんて考えられないっていう落胆の声が多かったのも事実です。

2007年に加入し10年間邁進し続けた吉田一郎は、ZAZEN BOYSのベーシストとしての、その持てるエネルギーを使い果たしました。

あらたな一個の肉の塊としての次なる吉田一郎の活躍にご期待ください。

出典:matsuri studio

こんなふうに言われたら、無理やりにでもそのショックな気持ちを納得せざるを得なかったことをおぼえています。

ラストライブツアーのダイジェスト動画はこちらです。

向井さんが吉田一郎さんの脱退することをみんなに改めて伝え、一郎さんに「よぅやった!」って言いました。

1つのZAZEN BOYSの形に一区切りを迎えた何とも言えない寂しい気持ちと、この4人では最後となる演奏の、その素晴らしさとが相まって、ファンにとっても忘れられないライブツアーになりました。

スポンサーリンク

吉田一郎さんの現在

現在でも「吉田一郎不可触世界」としてライブ活動を続けています。

またドレスコーズTKfrom凛として時雨石崎ひゅーいももいろクローバーZ等のレコーディングやツアーメンバーとして活躍中です。

TKさんとは、「12939db」時代に、まだインディーズ時代の「凛として時雨」と、対バンの経験があったみたいです。

私はもともとZAZEN BOYSファンでありますが「TKfrom凛として時雨」のライブに足を運び、またソロツアーでも吉田一郎さんの音を聴くことができ、大変幸せに感じております。

ベースを始めたきっかけは?何歳から始めたの?

【吉田一郎さんがベースを始めてからの経緯を調査】

  • 音楽に興味を持ったのは小学校に上がった頃、お母さんがマイケル・ジャクソンをよく聴いていた
  • 小学校4年生まではピアノを習っていた
  • 5年生の時に叔父さんが連れていってくれたブルーノート東京でのジャズベーシスト「ロン・カーター」のライブを観てベースに興味を持つ。
  • 6年生の時に御茶ノ水でお父さんにウッドベースを買ってもらう
  • 中学生で初めてエレキベースを買いブラックミュージックをコピー。キング・クリムゾンやイエスにもハマる
  • 中1で父親にIBMのパソコンを買ってもらい、音楽ソフトを入れて音を作り始める
  • 新宿の私立高校にレッド・ツェッペリンを聴きながら入学。軽音部ものぞいたが好みとは違っていた。
  • 高校は熱心には行かず、楽器屋やライブハウスをのぞいたり自宅でベースの練習や作曲をする高校生であった。
  • 校長に「僕はミュージシャンになります」とうそぶいて音楽の専門学校へ進む

このような経緯で、なんと小学生からベースを始めていた吉田一郎さんです。

この投稿をInstagramで見る

そんなに言うなら見せたげるよっ #吉田一郎不可触世界 #steinberger

Y.I.U.W(@yoshidaichiro_untouchableworld)がシェアした投稿 –

のちに、ご本人いわく「俺だけ変わり者なんだぜって自己陶酔したクソガキだった」と述べています(笑)

でもご両親は吉田一郎さんの興味を持つ事をダメと言わずに、良さを伸ばす素晴らしい子育てをなさったのかなーって勝手に想像しています。

吉田一郎さんのツイッターにもお父さんやお母さんの事が時々出てきますけどね。

スポンサーリンク

吉田一郎さんの動画(YouTube)

2020年5月には「吉田一郎不可触世界」の新しいアルバム「えぴせし」が出るそうです。

わたくしが当時持てる限りの念を封じ込めて作った「あぱんだ」を発売した2015年5月13日直後より「あぱんだ」を更新すべく、日夜あーでもないこーでも、、、と掻き毟っていたら一瞬で5年経ってしまいました。

わたくし吉田一郎不可触世界は本年、偶然にも同じ5月13日に新しいアルバムを発売する運びとなりました。

沢山の方々に聞いていただくよりも、そこの貴方だけには必ず聞いていただきたい。

そういった作品です。そういう作品になりました。

反面、意外と沢山売れろ、朝起きたら痩せてろ、と呪いの如く念じておる今日此の頃でございます。

皆様全員のご健康を心より祈っております。

2020年3月2日   吉田一郎不可触世界

出典:吉田一郎不可触世界


また新しい音源が聴けるとのことで嬉しいニュースでした。あとはライブツアーが楽しみでなりません。

吉田一郎不可触世界のベースがすごい・出身校や経歴に動画・ザゼンボーイズ脱退の理由まとめ

吉田一郎さんの事をわかろうとしても全然わからない、謎の人物ではありますが、一応(表面的に)わかっている事をまとめてみました。

これからもその特異さと、尋常ではないベーステクニックと、分かる人にはわかる、ハマる人はハマる面白さを併せ持つ吉田一郎不可触世界さんを追っていくことに、かわりはありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です