門戸厄神で厄除け大祭・お札の祀り方やおすすめ厄除け饅頭・ぜんざいは?

門戸厄神

明石の白猫さん。です。

2020年の厄払い・厄除け祈願の季節です。

兵庫県で厄払い・厄除け祈祷といえば西宮市「門戸厄神(もんどやくじん)東光寺」さん。

ご祈祷を受けたら頂けるお札の祀り方(まつりかた)や、男厄坂・女厄坂、厄除け饅頭や厄除けぜんざいについての情報です。

スポンサーリンク

門戸厄神・東光寺のお札の祀り方(まつりかた)

特別祈祷、年祈祷を受けられた方には、「祈祷札」をお渡しいたします。

このお札は、厄神明王様のご分身としてお迎えし、ご自宅でお祀りください。

基本的には南か東向きになる様にし、目線より少し高い粗末にならない所が良いでしょう。

神棚がございましたら、そちらにおまつりください。

出典:門戸厄神 東光寺

お札の祀り方(まつりかた)・自宅でのお願いの仕方を詳しくご住職さんが説明して下さっています。こちらです。

スポンサーリンク

門戸厄神の男厄坂・女厄坂って何?

男厄坂は男性の代表的な42歳の厄年で42段、女厄板は女性の代表的な33歳の厄年で32段の階段です。

一段一段、厄を落とすという気持ちで登ってください。

※男厄坂は女性が登ってはいけない、女厄坂は男性が登ってはいけないという決まりはなく、自由に登っていいそうです。

女厄坂

門戸厄神で厄除け饅頭・厄除けぜんざいを頂こう

門戸厄神さんに厄除け参りに行きますと、これが楽しみ。

厄除け饅頭

厄除けぜんざい

門戸厄神で厄除け大祭・お札の祀り方(まつりかた)や男厄坂・女厄坂、厄除け饅頭・ぜんざいのまとめ

門戸厄神・東光寺さんでは厄除けのご祈祷を受けますと、お札を頂けます。そしてご親切な事にYou Tubeでそのお札の祀り方、お願いの仕方まで教えて下さっていますよ。

男厄坂・女厄坂で、一段一段役を落としながら登らせて頂けて、ありがたい限りです。

帰りには名物・厄除け饅頭や厄除けぜんざいを頂いて、帰途につくのがお楽しみです。

とにかく素晴らしい門戸厄神さんで、たくさんの人々が多く訪れる理由は行けばわかります。ぜひお参りくださいませ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です